サービス内容Service contents

PET検査

PET検査は、がんの早期発見に役立ちます。

PET(陽電子放射断層撮影法)検査

がん細胞が正常細胞よりもブドウ糖を多く消費することに着目した検査法です。
がん細胞は正常細胞の3~8倍のブドウ糖を消費します。 この性質を利用して、ブドウ糖の類似物質の薬剤FDG(フルオロデオキシグルコース)を注射し、体内でのブドウ糖代謝を画像化して診断します。
寝たままで全身の検査が可能です。

PET検査
PET検査

ブドウ糖の取り込みの強さが、色を変えたり濃淡で描きだされます。
がんの他、炎症の起こっている部位なども描きだされます。

PET検査の得意分野

CT検査やMRI検査などでは発見しにくかった、自覚症状のない1cm程度の小さな早期がん の発見も可能。

PET検査が得意な部位

肺がん、乳がん、子宮ガン、卵巣がん、頭頸部がん、食道がん、大腸がん、 膵臓がん、悪性リンパ腫 ほか

がん細胞が活発になる大きさは 1cm

がん細胞が活発になる大きさは 1cm

※がんの進行状況は、発生部位や個人により異なります。

関西メディカルネットtwitter 関西メディカルネットfacebook

電話での問い合わせ

受付時間: 9:00~18:00(月~金)

0120-81-7976

インターネットからのお問い合わせ/資料請求

お問い合わせ・資料請求