耳よりだより

2016.07.08

体調管理

ご存知ですか? 人間ドックだからできること


 元気だと思っていた人が、ある日突然、病に倒れてしまった・・・。
そんな話に驚いた経験をお持ちではないでしょうか。「あんなに元気だったのに、なぜ?」。得てしてそう思いがちですが、大半の病気は急に発症するわけではありません。たいていの場合、病は自覚症状のないまま少しずつ進行していきます。特に糖尿病や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病は、かなり進行しないと自覚症状が現われないといわれます。さらに、がんの場合は、自覚症状が現われたときは治療が困難な状況になっていることが少なくありません。


 このような状況に至らないためには、人間ドックを定期的に受診し、健康状態を調べることが大切です。人間ドックは、まだ症状のない病気を早期に発見し、治療につなげるために行う検査です。また、たとえ病気が見当たらなくても、現在の状況から将来にかかる可能性のある病気を予測することができるため、病気の予防に役立てることができます。
 7月12日は人間ドックの日です。自分で健康だと思っている人も、ぜひこの機会に人間ドックの必要性について考えてみませんか。



検診、健診とは違う、人間ドックだからわかること
 人間ドックを受けたことがなくても、がん検診をはじめとした検診を受けたことのある方は多いでしょう。
検診とは特定の病気を対象にした検査で、早期発見・早期治療を目的にしています。また、がん検診といっても、すべてのがんを検査するのではなく、厚生労働省が推奨している5大がん(胃がん、肺がん、乳がん、子宮がん、大腸がん)のみが対象です。

 職場などで行われている健康診断(健診)は、健康かどうかを調べる検査で、病気の危険因子を早めに発見するために行われます。ただし、法令で義務づけられている検査は11項目に限られているため、体全体をチェックするには限界があります。特に、がん検診の項目がほとんど欠如しているため、がんを早期発見するには、がん検診と併せて受ける必要があります。

 一方、人間ドックは一般的な健診よりも検査する項目が多く、健康状態を総合的に診断することができます。検査内容も、より専門的なため、健診で発見できなかった異常が人間ドックで見つかるケースもあり、特にがんの早期発見などに有効性が認められています。

※健診と人間ドックの違いについては「耳よりだより」2015.7.8分をご参照ください



【人間ドック、何歳から受けたらいいの?】
 人間ドックを受診する上で、基本的に年齢の制限はありませんが、40代に入ると生活習慣病を発症する可能性が高くなるため、40歳が受診のひとつの目安とされています。しかし最近では、がん発症の低年齢化などが指摘されており、年齢だけを受診の基準にすることが難しくなっています。

 厚生労働省の調査結果によると、子宮頸がんの発症はここ20年で明らかに若年齢化しており、特に20~30代の発症件数が急増しています。乳がんの発症でも若年齢化が進んでおり、20代後半からは一気に罹患率が高まっています。

 女性ではほかにも、20代後半から甲状腺機能の低下による疾患を発症するケースが増えるので、注意が必要です。男性の場合も、20代でメタボリックシンドローム予備軍と診断される人が増えており、放置していると高血圧、肝機能障害、動脈硬化などを引き起こし、がんや心臓病、脳梗塞といった病気の発症リスクを高めることが懸念されます。  統計的にみて、20〜30代は男女とも病気にかかりにくい年代なので、健康に対する関心が低く、体の不調も見過ごしがちです。しかし、こうした病気も若いからといって無縁ではありません。遺伝的要素も指摘されているため、もし近親者にがんや生活習慣病で亡くなった方がいるならば、ぜひとも早めに人間ドックを受診していただきたいと思います。


【どんな検査をするのか、検査内容もチェックしよう】
 病気の早期発見はもちろん、予防や生活習慣の改善などにも役立てることができる人間ドック。とはいえ、どの施設で受けても同じ結果が得られるわけではありません。受診に際しては、どういう病気を調べたいか、そうした病気を調べる検査内容が整っているか、など事前に確認することが大切です。料金やサービスのよさだけで判断し、病気の早期発見という本来の目的を損なうことだけは避けたいものです。
 関西メディカルネットが運営する、メディカルサポートシステムの総合健診では、従来の人間ドックの検査項目に加え、PET、CT、MRIなどの先進的な検査機器を用いた「画像診断」を多く取り入れ、会員さまのお身体をすみずみにわたってチェックしています。がん、脳血管疾患、心疾患の早期発見はもとより、現在の生活習慣から将来かかる可能性のある病気を予測し、予防や改善のためのお手伝いもさせていただいています。ご自身の健康状態を正確に把握し、いつまでも健康を維持していただくために…、ぜひ関西メディカルネットの総合的な人間ドックをお役立てください。


■関西メディカルネットがご提供する健診メニューについては、こちらをご覧ください。