耳よりだより

2013.11.28

19:睡眠不足でこれホント? ①「睡眠不足は肥満を招く!?」

<コラム> 健康なからだはいい睡眠から

 人間の心身の休息に不可欠な睡眠。しかし、睡眠の大切さを認識している人はそう多くないかもしれません。ここでは睡眠とは何か、そして睡眠に関連する疾患にはどういうものがあるかをご紹介します。

 

19 睡眠不足でこれホント? ①「睡眠不足は肥満を招く!?」

 

  糖尿病など生活習慣病を引き起こす原因となる、メタボリックシンドローム。対策として、食事に気をつけたり、運動を心がけている方も多いと思いますが、同時に睡眠時間についても意識を持っていただきたいものです。なぜなら、慢性的な睡眠不足は肥満を招きやすく、血圧や血中脂質を上げる一因になるといわれているからです。

 なぜ睡眠不足が肥満の原因になるのでしょうか。それは睡眠とホルモンの関係にあります。私たちの体内には、空腹を感じる「グレリン」、食欲を抑える「レプチン」というホルモンが存在し、互いにバランスを取っています。ところが睡眠不足になるとレプチンとグレリンのレベルに異常が起こり、レプチンが増加。その結果、カロリーを燃焼できず、食べたものが脂肪として蓄積してしまうのです。夜遅くまで起きていると空腹を感じ、寝る直前まで食べてしまうのは、こうしたメカニズムによる部分もあるようです。

 痩せようとさまざまな方法を試したけれど、効果が得られなかったというあなた。もしかしたら睡眠時間を見直すことで、ダイエットがうまくいくかもしれませんよ。

 

●関西メディカルネットの睡眠サービス(スリープエンハンスメントプログラム)の紹介、および                       「資料請求」はこちら---> リンク

次回コラムは、「睡眠不足でこれほんと?シリーズ②「睡眠不足で高血圧に?」をお送りします。お楽しみに!