耳よりだより

2013.08.15

10:水を飲みすぎても太るの?

<コラム> みんなが知りたい、ダイエットのウソ・ホント!?

健康のためにも、美容のためにも、スマートでいたいと願う人は多いことでしょう。ただ、早く痩せたいと思うがために、ダイエットに不適切な方法を実践し、挫折したり、逆に太ってしまうケースも少なくないようです。ここでは、医療機関や厚生労働省のデータなどを参考に、気になるダイエット情報がどういうものか、いま一度考えてみました。

 

10:水を飲みすぎても太るの?

「私は何をやっても痩せない、水を飲んでも太る」という人がいます。水はノンカロリーなので、飲みすぎて太ることはありません。水を大量に飲めば、一時的に体重が増えるかもしれませんが、そのうちに尿や汗となって排出されます。腎臓が悪いと利尿作用が低下し、そのことでむくみが生じて体重が増えるケースがありますが、このような場合は肥満とはいいませんね。

水を飲んでも太ると嘆く人の多くは、食事内容について勘違いをしているのかもしれません。気分転換に口に放り込む飴や甘い飲み物をカウントしていなかったり、見た目で判断して食事のカロリーを低く見積もっていたり。そのようなことから、食べた物を全部記録するレコーディングダイエットは、食事の悪いクセや勘違いを見つけ出す効果的な方法として注目を集めています。

 また、家族全員が太っている場合、遺伝のせい?と思う人もいますが、厚生労働省によると遺伝が原因の肥満はごく一部だそうです。家族が一緒に生活していれば、食事の量や食習慣、運動嫌いなど、生活習慣が似てくるのは当たり前。重要なのは遺伝よりも生活習慣なのです。

 私は何をやってもダメと落ち込み、肥満を放置してしまわないためにも、まずは自分の食生活の実態を知ることが大切。ここからがダイエットの始まりなのです。