スリープエンハンスメントプログラムの流れ|スリープエンハンスメントプログラムのご案内|ご提供サービス|株式会社関西メディカルネット

スリープエンハンスメントプログラムの流れ

スリープエンハンスメントプログラムの流れ

多角的データを基に、細部を見つめ、一人ひとりの課題にあわせて取り組みます。そして、QOLの向上へ。

赤ちゃんをみてください。眠くなると不機嫌になりますが、ぐっすり眠った後は満面の笑顔を振りまき、その顔を見ているこちらも幸せになります。赤ちゃんは、より良い睡眠で成長ホルモンの分泌を促し成長していきます。

大人にとっても、より良い睡眠は免疫力の低下を防いだり、意欲の低下を防いだりと、心身に様々な好影響を与え、QOLの向上に大きな役割を果たします。

  • 情報収集 情報提供STEP.0 現状を知る ・エントリー・キット発送・スクリーニングシート記入・パルスデータ[2日分]測定・スクリーニングシート、パルスデータ返却[データ解析診断開始]・予約日申込[STEP1へ]
  • 科学的データ解析<自分を知る>STEP.1 課題の認識と目標の設定 ・オリエンテーション[睡眠とは]・現状説明[スクリーニングシート、パルスデータ]・目標設定[仮]・問題点の発見[ディスカッション、スクリーニング]・目標設定・Timeシート[スケジュール]作成・予約日申込[STEP2へ]
  • 導くSTEP.2 アクション ・STEP1のレビュー[現状確認]・スクリーニング・問題点の確認[目標確認(変更)]・目標設定・Timeシート[スケジュール]作成・予約日申込[STEP3へ]
  • STEP.3 アクション&チェンジ ・前回レビュー・現状確認・スクリーニング・問題点確認、変更・目標設定・Timeシート作成オプションプログラムの提案 ・スキャンプログラム・TEGⅡ
  • STEP.4 Change!!さらにQOLの向上へ導く。 ・現状確認・スクリーニング・問題点確認、変更・目標設定・Timeシート作成

パルスデータの解析

●睡眠状態解析 ●解析データー

パルスオキシメータは、非侵襲的に動脈血中の酸素飽和度を測定するモニターで、手術中の必須モニターとして用いられているだけでなく病棟などでも広く使用されています。血中酸素飽和度を経時的に測定し、波長の異なる2種類の光を透過させた時の吸光度を元に動脈血中の酸素飽和度を測定します。

ヒアリングデータの解析

※BRPT:RPSGT資格認定

BRPT※が認定する約100項目2000パターンのヒアリングデータとパルスデータを元に科学的に解析します。

スキャンプログラム

●眠りスキャン(※オプションサービス) ●スリープログ ●比較分析

スキャンプログラムによって高精度な睡眠・覚醒リズムを把握できます。睡眠不足を招く「不眠」といっても、「脳・心・身体・社会生活」と大きく4つのタイプがあり、その内容によって対策も変わります。睡眠障害の治療でも、睡眠・覚醒リズムの把握は、治療方針の参考や治療効果の確認として用いられます。

エントリーの流れ

1.必要事項をご記入契約書送付 年間利用料のお振込み1.契約内容の確認3.お客様へキットの発送4.パルスデータを測定し、必要項目をご記入の上、郵送5.ご予約の上、来社(1回目)

システムと料金体系

※ご契約後12ヶ月以内の面談利用回数が4回を下回る場合でも返金はいたしません。また、4回を上回る場合は別途利用料が必要です。※次年度も継続利用をご希望の方は、当年度11ヶ月目に次年度利用料をお支払いいただきます。※利用料は、お振込み(一括)またはクレジットカード(分割可能)でのお支払いとなります。

MAP

〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田2-4-13 阪神産経桜橋ビルディング 7F(704)
フリーダイヤル:0120-81-7976

関西メディカルネットtwitter 関西メディカルネットfacebook

電話での問い合わせ

受付時間: 9:00~18:00(月~金)

0120-81-7976

インターネットからのお問い合わせ/資料請求

お問い合わせ・資料請求